子なし専業主婦

子なし専業主婦が感じる疎外感。

専業主婦として過ごしていて、感じることがあります。

それは…疎外感。

なんとも言えない寂しさのような感覚。

別に、ものすごく孤独というわけではないはずなんです。

夜には夫も帰ってくるし、時々は友だちや、勤めていた会社の同期とランチに行くこともあるし、1人でカフェや図書館に行くのも楽しい。

でも漠然とある…疎外感。

これは、なんなんでしょうかね?専業主婦をされている方の中には、同じような気持ちの人も多いと思います。

わたし
わたし
勝手に、そう思っている方が多いことにします(笑)

今回はこの疎外感がどこからきているのか、少し考えてみたいと思います。

子なし専業主婦が感じる疎外感とは?

私が感じている疎外感は、フッと襲ってきます。

ちなみに疎外感を調べてみると、

疎外感とは、疎まれ、排除されているという感覚。

weblio辞書より引用

となっています。

そうなんです。私が感じるのは、ただただ孤独というよりは、排除されているようなイメージなんですよね。

いったい、この寂しさの正体はなんなのでしょうか。

疎外感の正体はなに?

贅沢な悩み…と思われるかもしれませんが、

専業主婦をしていると、社会から排除されているような感覚があります。

子どもがいるわけでもないので、正直社会のどことも繋がっていないんですよね。

習い事などをしたり、ペットを飼ったりするといいのかもしれませんが、社会からの疎外感は多くあると思います。

専業主婦=羨ましいの呪い

相手には悪気がないとは思うのですが、よく言われるこのセリフ。

羨ましいわー専業主婦になれて。

このセリフに、私はなんだか疎外感を感じてしまいます。

そして、どう返せばいいのかも悩みます。

「羨ましい?いやいや、専業主婦だって色々とツラいんだよ」と言うのも変だし、

「そうだよね…みんな頑張って働いているのに、私、本当にグズだよね…ぐずぐず」とか言うのも雰囲気を悪くするし、

「まぁ~世間では勝ち組とか言われるけどね~ハハン」はありえないし…

結局、当たり障りなく「うん。毎日だらだらしてて太ったよ~」みたいな返しになります。

そしてそのあと、

子どももいないのに、専業主婦なんかしてて本当にすみません…

の、自己嫌悪コースへ(笑)

周りは社会で揉まれながら頑張っているすごい人たちで、自分はそこから逃げてきた根性なしに思えてきて、辛くなるんですよね。

※私自身に対して思うだけで、すべての子なし専業主婦に対してという意味ではありません。

結局は、自分が作り出している幻想

目的を思いだそう

自分が納得していれば、疎外感や罪悪感は感じないものだと思います。

自分はなぜ、専業主婦という生活を選んだのか?

身体や心を休ませるため?妊活をするため?次に進むための準備期間?

一人一人違うと思いますが、何か理由や目的があったはずです。

今はそれに専念して、ゆっくりしちゃいましょう(笑)

自分を責めても辛くなるだけ

本当は私だって、外で働けるものなら働いていたいけど…自分は我慢が足りないのでは…

このまま本当に、2度と社会に出れなくなってしまうのではないだろうか?

人それぞれ、色んな事情や想いがあると思います。

その事について悩めば悩むほど、今の状況が辛くなりますよね。

でも、世の中には旦那さんに感謝しつつ、専業主婦ライフを楽しんでいる方もたくさんいます。

旦那さんだって、「家にいてごめんね…」と思われるより、奥さんには笑顔で過ごしてもらったほうが嬉しいはず(´ω`)

うん、そうに違いない!

自分を責めてしまったと感じたら、旦那さんの好きな料理でも作ってみると、自分も旦那さんも笑顔になれると思います♪

少しずつ納得していって、楽しく過ごしていきたいものですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です